TOP > クラウドファンディングの情報 > 日本のアニメとクラウドファンディングについて

日本のアニメとクラウドファンディングについて

日本には世界に誇る文化がたくさんありますが、近年はオタク文化に世界から注目が集まっています。
事実、アニメや漫画が欧米で放映されていますし、絶大な人気を誇っています。
それがインバウンド効果をもたらしてくれている背景もありますし、今や経済を大きく動かすコンテンツとなりつつあります。
ただ、アニメや漫画を制作するには莫大な費用がかかります。
新人の発掘に関しても同様で、才能のある若手が埋もれてしまうことが懸念されています。
そんな状態を防いでくれるのが、クラウドファンディングだと言われています。
簡単に言えばインターネット上で出資者を募る方法で、自分が応援したいと感じるクリエーターに寄付することが出来ます。
日本でも認知度が高まっていて、活用してチャンスを掴むきっかけとなっています。


出資者側にとっても、自分が応援するクリエーターが世に出ると嬉しいはずです。
千円程度から出資をすることが出来ますし、数千万~数億円集まるケースも珍しくありません。
資金難に悩む中小企業にとっても助かりますし、新たな才能を見付けるにはベストなやり方と言えるのではないでしょうか。
近年はデビューするのも大変な時代ですし、専門学校を卒業してもアニメ制作の会社に就職することは狭き門です。
就職出来ないのであれば自力で切り開くしかありませんし、クラウドファンディングは最後の砦と言われています。
実際の経験者に話を聞くことで、ノウハウが分かり成功に繋がるのではないでしょうか。
世界にネットワークが広がっているので、呼び掛けをして寄付金を集めてみて下さい。
そして、それを還元して下さい。


言葉だけを聞くと難しいイメージがあるクラウドファンディングですが、手続きを踏むことで簡単に始めることが出来ます。
クリエーターの待遇改善にも繋がりますし、更に良い作品を作り出せるのではないでしょうか。
アジア各国にもアニメが輸出されていますし、マーケットの拡大は日本のすばらしさを知ってもらうチャンスです。
細かな法律は専門家に尋ねると良いですし、しっかりと法律を守って取り組むべきではないでしょうか。
日本のアニメの未来を担うのがクラウドファンディングですし、今後も大きな飛躍を遂げるはずです。
インディーズアニメに光を当てることが出来ますし、声優や裏方にとってもありがたいシステムと言えます。
私たちの生活が大きく変わる可能性がありますし、未来型の資金調達方法ではないでしょうか。

次の記事へ