おしゃれな革財布を徹底比較

HOME > 革財布の豆知識 > 革財布を利用する場合は注意すべきポイントがありますよ

革財布を利用する場合は注意すべきポイントがありますよ

 革素材は様々な種類が存在し、普段使うアイテムとしても利用しれている物が多いです。ジャケットや靴や鞄などがありますが、革素材を使っている商品で人気があるのが革財布になります。財布は生活するなかで欠かせないアイテムであり、長く使い続けたいと考えている人が多いです。革素材は丈夫で手触りがよいだけでなく、長く使い続けることで味ができる素材になります。そのため手入れを行えば一生使い続ける事ができるほど、革素材の財布は優れていると言えます。人気の高い革財布ですがメリットがとても多い半面、使用する場合は注意しなくてはいけない点もあります。長く使い続けたい場合は、注意点をしっかり把握して丁寧に取り扱う事が重要といえますよね。では実際に革財布を使う上での注意点ですが、まずは水に気をつけるという点があります。

 革素材の良い特徴として、調湿調整がでるという点があります。革素材自体が湿度を吸収したり逃がしたりと、調湿調整を行って状態を良好に保つことができます。ただしその湿度にも限界があります。雨など水に直接濡れてしまうと、色が落ちてしまったり形状自体が変化してしまうこともあります。また大量の水を吸収してしまう事で、革素材はみずぶくれといった症状になることもあります。この状態まで水に濡れてしまうと、元に戻すことはとても難しくなります。そのため極力水には触れないように注意することが大切ですよ。対策としては防水スプレーを吹き付けておく事で急な雨が降った時でも水を弾くことがで、水にぬれる事が防げるので便利です。その他に注意点として、革素材は色落ちがしやすいという点がありますよ。

 革素材は長年使い続けることで、淡い色から濃い色に色味が変わってきます。この変化自体は味があるので、革素材を使用する醍醐味の1つです。エイジングと呼ばれる変化であり、革財布は購入した時の色から変化してくるものです。これは革素材では当たり前な事なので、当たり前だと考えておくTお良いですよ。逆に財布を掃除する意味で濡れたタオルなどでゴシゴシと擦ると、タオルに色が写る事もあります。自然に色が変化する以外は、色が変化しやすい行為はさえたほうがよいですね。また革という素材だからこそ、カビが発生する場合もあります。毎日使い続けて鞄やズボンの出し入れを行っていれば、カビの心配はしなくても大丈夫です。ただし長く使用し続けず、ただ保管している状態の場合は注意が必要です。湿度の影響によって、カビが発生する可能性が高くなりますよ。

次の記事へ

カテゴリー